ウェビナーで学ぶ、THA後の大腿骨有限要素モデルの構築と骨リモデリングの解析

ウェビナーで学ぶ、THA後の大腿骨有限要素モデルの構築と骨リモデリングの解析

新潟大学工学部機械システム工学科、プラムディタ・ジョナス・アディティヤ先生は衝撃工学・バイオメカニクス領域のエキスパート。日本でも増えつつある人工股関節全置換術(THA)用器具の設計改善や最適な位置決定を目指して有限要素解析(FEA)を取り入れた先生の研究には、マテリアライズの生体医工学用ソフト Mimics Innovation Suite for Research も活躍しています。今回はFEAとバイオ・メディカル・エンジニアリングの関係にスポットを当てるとともに、プラムディタ先生の詳しい研究内容を動画で公開!ここでしか観られない貴重な講演です。

Read More

化石の3Dモデル化で解き明かす、ティラノサウルス進化の新事実

化石の3Dモデル化で解き明かす、ティラノサウルス進化の新事実

通常人体の構造を研究するために使われるソフトウェア「Materialise Mimics」。しかし中にはステファン・ブルサット博士のように、このソフトを人間以外の研究に応用する方も。エディンバラ大学脊柱動物の古生物研究グループのリーダーも努める博士の研究対象は、恐竜の化石。なかでも博士が情熱を傾けるのは恐竜の王とも呼ばれる獰猛な肉食恐竜、ティラノサウルスです。そんな博士が Materialise Mimics で化石を3D可視化して初めて明らかになった、ティラノサウルス進化過程に関する新事実とは?

Read More

ミシガン大学とマテリアライズ社が子供たちの命を救う気管用スプリントの3Dプリントにおける提携契約を締結

ミシガン大学とマテリアライズ社が子供たちの命を救う気管用スプリントの3Dプリントにおける提携契約を締結

米国医薬品局(FDA)の承認による治験医療機器の利用拡大を受け、米国ミシガン大学が開発した3Dプリント製生体吸収型スプリントは2013年以来4人の幼児の命を救ってきました。 4人はいずれも先天性の気管障害である、気管軟化症(TBM)という病気を患っていました。マテリアライズ社(NASDAQ: MTLS)は新たに特許を取得したこのスプリントを市場に提供する為、ミシガン大学との臨床試験における独占契約を締結しました。これは、気管軟化症に苦しむ全ての子供たちに新しい技術を提供できるようになる為の貴重な第一歩となりました。

Read More

中国最大の国営循環器病センター阜外医院とマテリアライズは循環器3Dプリントセンター設立の提携締結

中国最大の権威ある国営循環器病センター阜外(フーワイ)心血管病医院とマテリアライズは院内多目的3Dプリントセンター設立にあたっての業務提携契約を締結した。この提携により、ベルギーに拠点を置く3Dプリント用ソフトウェアとサービスのパイオニアであるマテリアライズと中国最大の循環器病院は中国の専門家向けに3Dプリント臨床計画支援ツールを提供していく。

Read More

ミシガン州で初の3Dプリンタ製臓器モデル使用:10代少女の大動脈瘤治療例

ミシガン州で初の3Dプリンタ製臓器モデル使用:10代少女の大動脈瘤治療例

米国ミシガン州、デトロイト・メディカル・センター(DMC) 付属小児専門病院「ミシガン小児病院」。17歳のアリアナ・スミスさんはここで、3Dプリンタ製心臓モデルを用いたミシガン州初の治療を受けました。彼女が患っていたのは、複雑で大きな大動脈瘤でした。

Read More