医用画像用「3Dイメージング・ラボ」新規開設時のポイント

医用画像用「3Dイメージング・ラボ」新規開設時のポイント

イギリスNHS財団シェフィールド大学病院の臨床技士であり、専任のエンジニアも努めるピーター・メセラル博士。大学病院内の「シェフィールド・3Dイメージング・ラボ」技士のリーダーとして、臨床を目的とした高度な可視化、医療画像の調査や応用研究用の定量的な画像使用の有用性を向上させることが彼のミッション。彼自身立ち上げに深く関わった病院内3Dイメージング・ラボについて、インタビューに答えていただきました。

Read More

瘢痕(はんこん)化した心臓組織を3Dプリント、不整脈のリスクを測る

瘢痕(はんこん)化した心臓組織を3Dプリント、不整脈のリスクを測る

ふたつの病院から成る「ロイヤル・ブロンプトン&ヘアフィールドNHS財団」は、以前から治療に3Dプリントを活用してきたイギリス・ロンドンの国営医療機関。心臓と肺の医療に特化したこの財団では、先日患者の心臓MRIスキャン画像に基づいた心臓モデルの3Dプリントを新たに開始しました。何よりも最も革新的なのは、彼らが心臓の瘢痕(はんこん)部位を可視化して3Dプリントする方法を開発したことです。

Read More

マテリアライズ、日本国内で3Dプリントを用いた医療機器製造を開始

マテリアライズ、日本国内で3Dプリントを用いた医療機器製造を開始

近頃はプロトタイプのみならず、最終製品生産への応用も進む3Dプリント技術。カスタム補聴器や3D臓器モデルなど一人ひとり異なる身体の形状に合わせた精巧な機器を製造できるこの技術は、メディカル分野でも重宝されています。世界で強まるこうした流れを受け、マテリアライズは先日、3Dプリントを使った医療機器の製造を日本国内でも開始しました。整形外科・形成外科手術用の治具「サージカルガイド」と各患者の骨を再現したレプリカを3Dプリンターで製造するこの施設。これまで海外で製造していたこれらの機器を日本国内で生産開始することで、納期の大幅な短縮が期待されます。

Read More

2歳女児の先天性心疾患治療 3Dプリンタ製臓器モデルで術前計画支援

2歳女児の先天性心疾患治療 3Dプリンタ製臓器モデルで術前計画支援

イギリスに住むミナ・カーンちゃんは、心臓内部の心室を仕切る壁に穴が空いた状態で生まれた2歳の女の子。彼女の患っていた複雑な先天性心疾患は、経験豊富な小児科医にも治療が難しいものでした。そこで医師らは3Dプリンターを用いてミナちゃんの原寸大の心臓を造形。術前に精巧な臓器モデルを手にとり患者の心臓をくまなく確認できたことが、治療の成功につながりました。

Read More

最新バイオメディカル・ソフトウェア、無料で体験する3つの方法

最新バイオメディカル・ソフトウェア、無料で体験する3つの方法

3Dプリントや3D画像技術処理用ソフトウェア技術がバイオメディカル分野に応用されるようになって久しいものの、実際の導入前にこうした最新ソフトウェア技術についてじっくりと学べる機会は意外と多くありません。今回のブログでは、世界のバイオメディカル・エンジニアに選ばれているソフトウェア「Materialise Mimics」の操作方法から活用事例まで全て無料で学べる3つの方法をご紹介。ご自分の手でソフトウェアを触ってじっくり体験したい方やエキスパートからの指導を受けたい方にも、まずはウェブ上で気軽に情報を集めたい方にも、ぴったりの方法が見つかるはずです。

Read More

ウェビナー:先天性心疾患治療における3Dプリントモデルの有用性

ウェビナー:先天性心疾患治療における3Dプリントモデルの有用性

皆様は小児の先天性心疾患の治療においてどのように3Dプリントモデルが使われているかをご存知でしょうか。今回は小児循環器専門医でインターベンションのスペシャリストでおられる小林大介先生に米国ミシガン小児病院における小児循環器インターベンション治療の最前線から、3Dプリントモデルの活用方法とその有用性についてご講演いただきました。

Read More

ミシガン大学とマテリアライズ社が子供たちの命を救う気管用スプリントの3Dプリントにおける提携契約を締結

ミシガン大学とマテリアライズ社が子供たちの命を救う気管用スプリントの3Dプリントにおける提携契約を締結

米国医薬品局(FDA)の承認による治験医療機器の利用拡大を受け、米国ミシガン大学が開発した3Dプリント製生体吸収型スプリントは2013年以来4人の幼児の命を救ってきました。 4人はいずれも先天性の気管障害である、気管軟化症(TBM)という病気を患っていました。マテリアライズ社(NASDAQ: MTLS)は新たに特許を取得したこのスプリントを市場に提供する為、ミシガン大学との臨床試験における独占契約を締結しました。これは、気管軟化症に苦しむ全ての子供たちに新しい技術を提供できるようになる為の貴重な第一歩となりました。

Read More

第51回日本小児循環器学会出展のご案内

第51回日本小児循環器学会出展のご案内

7月16-18日(木-土)に東京 お台場の日航ホテルで開催される第51回日本小児循環器学会に出展いたします。7/18(土)の弊社共催モーニングセミナーでは、国立循環器病センター小児循環器部の白石公先生が「3Dプリント臓器モデルの(小児)循環器病治療への応用」についてお話されます。展示ブースでは今夏新しくリリースされたMimics® Innovation Suiteのデモも行います。ぜひ新しくなった心臓血管モジュールの精度と時短効果をお試しください。

Read More