Materialise Build Processor | Materialise Japan

Materialise Build Processor

Materialise Build Processor は、より標準化された機械とのコミュニケーションシステムを目指し、3Dプリンティングのプロセスを飛躍的に簡素化します。 Materialise Build Processorsを通じて、ハードウェアとソフトウェアは完全に統合されます。ユーザーフレンドリーなマシンインターフェ ースが、複雑な作業を軽減し、アディティブマニュファクチャリングの技術をより幅広いユーザーがアクセスしやすいものにします。

マテリアライズは強力なパートナーシップを複数のAM マシンメーカーと結んでおり、それぞれのメーカーは自身のコアコンピタンスにフォーカスすることを可能にしています。マテリアライズが、ソフトウェアプラットフォームとツールボックスを提供し、機械メーカーは造形プロセス特有の知見に基づいた機能を提供することにより、よりよいユーザーエクスペリエンスが提供され、機械の性能を最大限引き出すためのオプションを増やします。

Materialise Build Processor システムを通じて,アディティブマニュファクチャリングのデータ準備プロセスが拡張され、スライスベースのテクノロジーの利用を可能にします。これはテクスチャリングやストラクチャー(格子構造)といったメタデータを含む大きなデータのハンドリングを容易にします。

より詳しい各製品については、下記のリンクを参照ください。

>EOS Build Processor

>SLM Build Processor

>HP Build Processor

 

Materialise Build Processorの利点

使いやすさ

  • 選択したマシン固有のオプションのみを画面表示

次世代技術への拡張性:

  • セントラルプリンティングマネジメントシステム(生産管理)

  • 大規模データのためのスライスベーステクノロジーの利用

  • プロジェクト固有のMaterialise Streamics システムとのインテグレーション (例.ダイレクトモニタリングとパーツ生産履歴管理)

  • 自動化・統合サポート生成ソリューション(e-Stage)

安定性と柔軟性の提供:

  • Materialise Magics リリースサイクルとの分離
  • 容易なアップグレード・ API の変更

 


Materialise Build ProcessorはMaterialise Magics 3D Print Suiteの一部です

製品情報