Design | Materialise Japan

Design

Materialise 3-maticでスキャンデータやCADから読み込みSTLデータ上で直接修正

設計業務ではCADパッケージやスキャンされたデータから始まりますが、実際の造形に近づきSTLレベルのデータ修正では柔軟なツールが必要になります。

Materialise 3-maticはスケッチャ機能などを有し、直接STLファイルに対して、CADのような高度な設計を行うことが可能です。3Dプリントを目的としたとき、CADに戻って設計し直すよりも、STLベースで変更を加えた方が早く簡単に処理を行える場合があります。また、従来のソフトよりも設計コマンドが充実しており、意図する作業を効率的に実行することができます。
 
 

Materialise 3-maticでは設計修正、単純化、3Dテクスチャリング、リメッシング、フォワードエンジニアリングなどのあらゆる作業をSTLレベルで処理することができます。3-maticSTLは業界で最もパワフルなSTL機能を持っています。3-maticの機能の活用例としては、デザインを効果的に修正して風洞実験に用いることや、迅速かつ効率的なFEA(有限要素解析)のためにデータを準備したり、新しい3Dテクスチャの外観や雰囲気の確認、欠損があったりスキャンが粗いコンポーネントのデータの修復をすること等が可能です。

さらに3Dプリントという技術は、軽量コンポーネントを作成するなど、あらゆる形状を作成する自由をデザイナーにもたらします。従来のCADパッケージとは違い、これはMaterialise 3-maticがサポートする自由度であり、3Dプリントの技術の可能性を十分に引き出すことができます。

Materialise 3-maticは製品開発サイクルを劇的に短縮します。そしてこれまで同様、当社のエキスパートとエンジニアのグローバルチームがお客様をサポートします。

フォワードエンジニアリングのプロセスフロー