Materialise e-Stage 3Dプリント用サポートの自動設計 | Materialise Japan

Materialise e-Stage 3Dプリント用サポートの自動設計

Materialise e-Stage 3Dプリント用サポートの自動設計

Materialise e-Stageは、あなたの3Dプリントの生産性を向上するソフトウェアです。光造形 のサポート設計を自動化、光造形プロセスを最適化し、後仕上げ工程の手間を省きます。Materialise e-Stageを使用することによって、材料の消費量を少なくすることや、3Dネストを作製することができ、 造形の失敗を実質的に回避します。Materialise e-Stageはあなたの造形現場に合わせて、1台から50台までの光造形装置システムとして導入できます。

積層造形を使用する業界のリーダー達の多くが、Materialise e-Stageを利用して世界中で多きなな成功を収めています。航空宇宙、自動車、玩具、医療、サービス業界など、あらゆる業界で利用されています。これらの企業は短い使用期間で、設備投資に見合った効果を上げています。 

Materialise e-Stageはあらゆる面で、あなたの生産性を向上させます:

   設計作業を自動化:

• 手作業での編集を省くことで時間を短縮

•サポート設計のミスを削減

造形プロセスの効率化:

• 造形時間の短縮

• 使用する樹脂を削減

後仕上げの時間を短縮:

• 構造サポート部の除去にかかる時間を削減

• 細かな部分を壊してしまうリスクを低減

• ヤスリがけの時間を削減

e-stageは構造サポート部が簡単に除去できるように、サポート部を針のような細い接触点で作ります。

Materialise e-Stageインフォグラフィックを確認して下さい。そして、世界中の積層造形の専門家が、なぜ Materialise e-Stageを信頼性の高い設計サポートツールとして利用するのか、その理由をご覧下さい


Materialise e-StageはMaterialise Magics 3D Print Suiteの一部です

製品情報