Materialise Magics Reporting | Materialise Japan

Materialise Magics Reporting

Materialise Magics Reportingはプロ用のSTLコミュニケーションツール

3Dプリントを使った試作造形サービスの営業の方は、このツールで複数のファイル形式に対応でき、顧客と注釈やコメントのやりとりをしたり、各パーツの正しい造形向きを確認し、ファイルの品質を考慮した見積を即座に作成できます。 仕上げ工程と品質管理のチームは測定結果を初期デザインデータと比較しプロフェッショナルな品質レポートを作成できます。

組織内でのMaterialise Magics Reporting の用途:コミュニケーションとファイルのやりとり

  • 社内既存Materialise Magicsユーザーと同一のSTL表示フレームワークを使用する

  • コメントを追加してカスタマーとやりとりする

  • 添付ファイルのデータ圧縮をして、やりとりを簡単にする(STLファイルを最大20 (.mgx)分の1まで圧縮)

すばやい見積作成

  • パーツのパラメーターを基にして

  • 目視検査の後に

  • カスタマーの注釈を利用して作成

プロフェッショナルな品質レポート

  •  品質基準と公差内のパーツを作成
  • 顧客に満足されるプロフェッショナルな文書の作成

Materialise Magicsソフトウェアは、顧客対応、仕上げ工程、品質管理のチーム向けに低価格で高品質のサービスを提供します。

 


Materialise Magics ReportingはMaterialise Magics 3D Print Suiteの一部です

製品情報