SGモジュール | Materialise Japan

SGモジュール

サポート作成はMaterialise Magics SG モジュールで ―

今から20年以上も前に、マテリアライズは1台の光造形機でスタートしました。当時から、サポート作成に対応できる高機能なソフトウェアが必要とされていることは明らかでした。こうした背景からMaterialise Magics SG モジュールが開発され、今日では、代表的なサポート作成ツールとして業界で広くご利用いただいています。 Materialise Magics SG モジュールにより、サポートが必要なエリアを簡単に特定し、適切な構造を様々な配置で作成・最適化することを、費用を抑えながら実現します。これは、サポートコネクション部分に特徴があり、取り外しが簡単で、穴の開いたサポートパーツは作業時間と材料を節約できるためです。

Materialise Magics SG モジュールでのサポート作成はわずか3ステップ

1. お客様の支持するパラメータにもとづいて自動的にサポートを提案

2. 要件に応じて、提案された構造を微調整

3. 単独のSTLとしてサポートをエクスポートし、お客様のパーツに追加したり、スライス・モジュールでスライスする

Materialise Magics SG モジュールで、以下が可能になります。

  • お手元のパーツを分析
    • パーツの問題個所を発見する
    • 早期発見でトラップボリュームを回避する。 再配向、または穴開きツールで対処する。
  • データ作成、造形、仕上げの時間を短縮
    • サポート作成をほぼ自動化し、データ作成時間を短縮する
    • 中空、場合によっては穴あきのサポートも使い、造形に要する時間および材料を最低限に抑える
    • パーツとサポートの接続部は歯型で剥がしやすく、穴の開いたバラバラのパーツは取り外しが非常に楽で、仕上げ時間も短縮
  • 造形時のミスを減らす
    • どんな形状のサポートストラクチャも的確に作成
    • 表面の最も低いラインに合わせてサポートを追加
    • お客様の全てのパラメータを常に把握

お客様ご自身で以下を組み合わせていただき、様々なサポートストラクチャをお届けするのがMaterialise Magics SG モジュールです。